Visitor D-BLUE

旅・RIMOWA・松本山雅・SCANDAL・SILENT SIREN・カメラ・ヒコーキ・ランドクルーザー・ミニチュアダックス・病院のお仕事・鉄道に関するネタをダラーっと書き綴ったサイトです。

本日の使用切符:JR東日本 平塚駅発行 酒田→直江津→十日市場 連続乗車券【途中下車印収集】

ANAマイル消費のついでに思い立った「海里」「Shu❇︎Kura」「E4MAX」の乗り鉄小旅。

乗車券は連続で少々手の込んだものを仕込み。

連続❷は18経路オーバーでPOSでは当然計算不可、申し込みの時点では発券不可。

一旦預かりとなって、仕上がりまで6日を要した。

 

f:id:ironclaw:20210719235104j:plain

f:id:ironclaw:20210719235129j:plain

f:id:ironclaw:20210720000320j:plain

 

発券預かりとなったため、フォーマット通りほぼパーフェクトな券面。

直筆部分もかなり丁寧に書かれていて大満足。

 

途中下車印の収集のため、こんな複雑な乗車券になった。

実乗場面では新幹線並行部分は在来線利用の箇所があったりと、券面通りではないところも一部あったが、まぁ特に問題はなし。

途中下車印収集場面では概ね問題はなかったが、駅員氏の対応としては3パターン。

 

1:券面と経路の別紙をじっくり確認、からの押印

2:券面をパッと確認し押印

3:確認してます?ってくらい、速攻で押印

 

若手駅員氏、それも小姐さんほど慎重に確認している感じ。

中には別紙を見て「えっと・・・、今どの辺りですかね?」とか、「当駅の前の下車印はどこですか?」なんて聞かれたりして、ちゃんと仕事しているなぁと感心。。。

 

収集した下車印は以下の通り。


連続❶途中下車印

鶴岡 新潟 長岡

 

連続❷途中下車印

宮内 大宮 新宿 東京 (海)小田原 三島 東田子の浦 富士 甲府 八王子 拝島 西国分寺 北府中 府中本町 稲城長沼 稲田堤 川崎 横浜 桜木町 関内 石川町 根岸 山手 磯子 大船 藤沢 海老名 上溝 橋本 相模原 矢部 町田

横浜だけ何でだか駅名小印、山手に至っては何の用途なのか分からん駅名印だった。。。

矢部では前回「薄付きで判別不可だった」旨を伝えると、試し押ししてから券面に丁寧に押印してくれた。

本来なら根岸線と相模線の有人駅はコンプしたかったが、暑さで断念。。。

 

この他、入鋏印は

(在北)大宮

(海)(幹)東京

(海)(幹)小田原

富士運輸区

甲府運輸区

 

入鋏印に関してはこの連続❷の使い始めがトキ鉄の上越妙高からで、ShuKuraでJRにそのまま直通してしまったので、どこで押されるか・・・?

行程通りなら長岡の新幹線口かな、と思ったら何でだかスルー。

大宮で途中下車後再入場時に、改札担当の小姐氏がじぃ〜っと券面を確認し入鋏印を入れてくれた。